スドージャム|おいしい笑顔 株式会社スドージャム




社員紹介

SUDO
創業以来、私たちは「フルーツのスペシャリスト」として
長年培った経験や技術を活かし、日々、ジャム作りに徹しています。
「食べることが好き」「おいしいものを見つけると誰かに教えたくなる」
私たち社員が、日常で感じるそんな思いや喜びを形にしたスドーのジャムは
食べる全ての方が ”おいしい笑顔” になってほしいとの願いが込められています。
生涯のうちで、笑顔に出会う数に限りはありません。
また、私たちが提供できる笑顔にも限りはありません。
今後、どれだけの笑顔に出会えるか、私たちと一緒に追求してみませんか。
創業以来、私たちは「フルーツのスペシャリスト」として 長年培った経験や技術を活かし、日々、ジャム作りに徹しています。
「食べることが好き」「おいしいものを見つけると誰かに教えたくなる」私たち社員が、日常で感じるそんな思いや喜びを形にしたスドーのジャムは食べる全ての方が ”おいしい笑顔” になってほしいとの願いが込められています。
生涯のうちで、笑顔に出会う数に限りはありません。
また、私たちが提供できる笑顔にも限りはありません。
今後、どれだけの笑顔に出会えるか、私たちと一緒に追求してみませんか。
SUDO

小口 奈緒

自分の考えた商品をお客様のもとへ
届けられるということが大きな喜びです。

研究開発本部
商品開発課
2012年入社

新しいジャムを生み出す仕事です。
ジャムやクリームの新規開発を担当しています。原料の選定から始まり、配合作成、試作、検査等の検討を重ね配合を決定します。無事商品化が決まった製品の経時的な経過観察を行い、物性確認を行うのも私たちの仕事です。また、昨今の原料高やコスト削減に対応するため、現行商品の改良試作等も行っています。
イメージが形になり、お客様のもとへ
何度も試作を繰り返す中で、思い描いてる風味をなかなか再現できなかったり、理想の物性に近づかなかったりと、一筋縄ではいかないことがほとんどです。そもそも”美味しい”味とは何なのだろうかとか悩むこともありました。しかし、試行錯誤を繰り返す中で決定したレシピが現場の製造ラインを流れ、形になる。ぼんやりとしていたイメージが商品として形になり、店頭に並んでいるのを目にした時、ほっとすると同時に達成感を感じます。多くの試作を行う中で実際に商品化になるのはほんの一握りなので、自分の考えた商品をお客様のもとへ届けられる!ということが大きな喜びです。

西山 尚吾

苦労することもありますが、
同時にやりがいを感じる仕事です。

東京支店
営業一課
2011年入社

卸売業や小売業に対して商品の導入、企画提案をしています。
スドージャムの商品をより多くの消費者に食べて頂くこと、得意先の売場をよりよくすることを考えながら日々活動しています。多くの得意先で多くの人々と関わりその得意先に合った提案をするため苦労する事もありますが、同時にやりがいも感じられる仕事です。
お客様と共に製品が売れるように悩みや喜びを共有
自分が携わった商品を店頭に並んでいるときや商品が売れているとご評価頂いたときが本当に嬉しかったです。この仕事はお客様と共に製品が売れるように悩みや喜びを共有できる為、次はより良い提案ができるよう頑張ろうと意欲がわいてきます。

西山 尚吾

一つのことをやり遂げたという達成感と、
また責任者としての自信もつきました。

松本工場
製造課
2010年入社

お客様に安心・安全のジャムをお届けする仕事です。
充填・包装工程の作業を管理する仕事を行っています。
具体的には、作業者がマニュアル通りに作業を行っているか管理しながら、円滑にラインが回るように指示を出すのが私の仕事です。
やり遂げたという達成感と責任者としての自信
ライン工程の変更や新しい商品を始める時など、現場が円滑に回るよう各工程の責任者が集まり打ち合わせを行います。 例えば、私が日頃、管理をしているラインでは「人員を削減し、ラインを稼働することが出来るか」という議題に取り組みました。人員削減は作業者への負担増が考えられる為、実施は難しいのではないかという話になりましたが、それでも何度か打ち合わせを繰り返していく事で、作業工程の内容を変更することにより、充填・包装ラインが円滑に回せられるという事がわかりました。 実際、内容を変更した形で生産を行った所、うまくラインを稼働することが出来、コスト削減につながりました。 最初は何度も自分の意見が認められず壁にぶつかりましたが、それを乗り越えられたことで、一つのことをやり遂げたという達成感と、また責任者としての自信もつきました。 日々、自分の成長を実感できるこの仕事が私は大好きです。